健康常識10味がよくある髪染め漢方薬保健常識

2016-08-15

p漢方薬の保健は知っていますが,髪染め、何か薬を具体的にはどのような役割をしているのでしょうか.今日は、小編集では、常用薬物の健康効果が紹介され、今は私たちが見に来てみましょう

p> <いち、ゲンジン

ゲンジンをゲンジン科植物ゲンジンや北ゲンジンの根を含むゴマノハグサ素環アリルエーテルテルペングリコシドの種類も振る髪油、アルカロイドを含むなど、薬理試験証明、ゴマノハグサ水液浸醇液浸と煎剤も血圧を下げる作用;ゴマノハグサや血管の拡張と強い心作用;多種類ゲンジンくず植物の侵入剤も表と抗痙攣作用町.漢方医は、その性は冷たくて,味の甘、苦しみ、機能凉血滋陰逆上をとる、解毒、適用熱病いらだって喉が渇いて、髪のぶち、骨蒸労暑い、夜眠るが落ち着かない,自然発汗寝汗傷津、便秘や喉の腫れなど症.

用量:6-12グラム;しかし大便をする沼や痰を濡れ盛者.

2、ケツメイシ<P>

ケツメイシはマメ科植物の葉決明や決明の種は、利子アントラセンエステルと蒽醌サポニン、決明素とビタミンAなど、薬理試験証明:ケツメイシ血圧を下げてと低下血清コレステロールの作用;抗多種の病原菌と柔らかい潟下の役割.漢方医は、その性肌寒い、味の甘、苦しみ、機能サン明目、便通利水に適用される肝熱や肝経熱による目の赤い渋い痛み、羞明多い涙など、さらには高血圧治療、肝炎、肝硬変腹水や習慣性便秘などにも有効.

用量:3グラム煎じてつぶし.

Copyright© 2012-2013 髪染めの危険性について All Rights Reserved.