光はどこにあるの髪染めか

2017-08-02

光はどこにある?

小さい時、お父さんはいつものように私に聞いて、両親に聞いてこれらの簡単な問題は子供かどうかを見るために賢い.私が十数歳の時、お父さんは笑って私を笑わせ、彼だと思ったので私はとても愚かで、毎回光はどこの時、私はいつも彼を指して愚かに.

私はお父さんの愛嬢だとして、彼は私に甘やかさないではないけれども.しかし、私の誕生日の時、私はどのみち父から誕生日プレゼントを買った新しいの靴や人形.今私は28歳、両親と一緒に住んでいますフィリピンバギオ.父は毎日仕事が忙しいが、私たちは一緒に、一緒に時間を割いて喫茶店に行って話したり、新聞を見てみて、一緒にマーケットをぶらぶらして、映画を見たり、家族の車で外出ピクニック.

フィリピン、一般的な家庭規模が大きい、いくつかの世代には、いくつかの家族がいる.比べて見て、私達は1家が小さく:優しい慈愛のお母さん、シンプルかつユーモラスな兄貴や、大黒柱と先生のお父さん.父はいつも私と兄を教える人は律義、一貫して自分の人生を守る信念と価値.彼は、どんな後にいかなる事をして、これらの品質はすべて私の成功を目指す必要条件と強固な基盤.

父の成長環境は遠くないですが、お父さんの成長環境はそうありません.彼の出身地は首都マニラの北約230キロの辺鄙な農村地域は、そこで、人々はほぼ耕作、養殖家畜を生.おじいさんはマジックの見世物のタレントとして、お父さんが小さい頃に亡くなり、生計を立てるために、おばあさん走街串巷を洗濯.お父さんの2人のお姉さんと兄貴早く家になって、それぞれを生業に奔走して、別の兄は家からマニラアルバイトに行きました.

おばあさんから忙しくし終わっ家事の後、多くの時間はすべてと近所に雑談して、小さい時の父は自分がかわいそうだ、幸せな子供時代に不足して、愛と母性愛,髪染め、どころではない家族間の家族の絆.

少年時代のお父さんは人に忘れられ、甚だしきに至っては生活必需品さえ満足に満足できないほどである.彼が小学生の頃、おばあちゃんがないのでお金を彼に靴を買うしかない、父は毎日提げたひとペアの旧スリッパ、裸足で学校へ行って、通学路を遠く離れて、とてもぼろぼろになって、彼の心配はスリッパを破れ.

でもお父さんはねばり強い、自彊、恐れ入るのない人です.にもかかわらずそう多くの艱難に直面して、お父さんは幸福な生活への渇望とあこがれながら、ずっと彼を激励して進む.じゅうななじゅうしち歳、彼は学校に見ながら玄関ながら、高校を読み終わって,クラスのトップの成績で卒業する.

お父さんは読書が好きで、いつも自分を充実させて自分を充実させます.18歳の一日、お父さんは仕事をかたづけて、1本の大樹の下でじっとしていて本を読んで本を読む.ある牧師が見た後,彼はどうして学校へ行くことを聞いて、彼はどうして大学に行きますかと答えて、彼はどうして大学に行きますか?.親切な牧師父勉強のやる気が打たれ、彼が推薦バギオ大学(現凯迪レラ大学)を提供する1部の現地で教えて」

Copyright© 2012-2013 髪染めの危険性について All Rights Reserved.