全11年で全人の髪染め健康に配慮を推進する

2016-07-20

Q:当初は家庭医整合性を看護する計画の縁起と構想を?Pは、

こと921大地震からいえば、当時私は行政院の招きを受けて、震災後の再建計画の衛生医療相談、私が発見した一般民衆が信頼に足る末端医療チーム.

震災後の衛生医療再建の仕事の経験は、私に対して結合体、心理と社会人向けの全健康介護と深く体得した.もし実行して看護する民衆の心身の健康だけでなく、依存医師、必ず他の医療専門および健康の関係者は組織して、健康ネットワークを形成する支持国民健康な環境、励まして民衆を負って自己健康介護の責任も才能グラム全功,髪染め、コミュニティ医療群は組織健康コミュニティサポートネットワーク協力を看護する技能、民衆の健康の重要なパワー.

2000年,取り外しの医学院の院長を務め、キャッチャー台大云林支店の開校準備作業は、チャンスがあれば、促成の医学院、大病院と署立雲林病院に協力し、成立の雲林コミュニティ医療センターを推進する家庭医制度や建置コミュニティ共同介護ネット列主な仕事の重点.同時に、私も台北県三重市、台中県大雅郷や桃園県平镇市執行コミュニティ医療システム構築を先導計画.これらの研究計画がのちに衛生署採択を経て、健保局改正後、正式に推進する「家庭医整合性を看護する実験的に行う計画.

から2003年の春、台灣がSARS発生、多くの人が病院に到着します勇気がなくて、私は「後SARS台灣再建計画では医療システムの再生計画の企画グループ召集人、これは医療システムを革新するいい機会を、私は医療群を基礎の全人の健康介護モードを改革案では、医療,衛生、保険などのシステムは、末端とコミュニティに統合し、そこからコミュニティ医療品質向上.

SARSはSARS、20個の医療の群を広める予定だったが、瞬間ドカ、今年4月、全台300個の医療群が約300個近く.

Copyright© 2012-2013 髪染めの危険性について All Rights Reserved.