冬養生は女も暖冬とさせてい髪染めた

2017-08-17

女は水だ、冬の寒さに低温、水も結氷、多くの女性は冬は手足が冷たい、全身がだるい.女性の一生の中で、生理や出産の関係で女性の血気の不足、顔色萎黄、手足の冷たい、腰のひざがぐったりしてすべてこのと関係.では、冬、女性はどのように養生すべきでしょうか?そのため、当サイトにインタビューしました.成都市の漢方医の名医館の婦人科の赖玉琴主任.

月経潮保温に注意します養生

女性の一生で月経、妊娠、生産、生産、生産,妊娠、妊娠、妊娠、生産、妊娠、妊娠、妊娠、妊娠、妊娠、妊娠、妊娠,髪染め、妊娠、妊娠.女性は体に対しても損傷をもたらします.冬には、女性はどのように養生するべきでしょうか.

の「冬の月経の時には、気持ちを維持し、自発的矛盾の解消を防ぐため、かんしゃく鬱結.同時に動作が穏やかで柔らかな.保温に注意し、特に腹部の保温.また、月経期では栄養の補充とを強化すべきで化瘀いくつかと血の薬物、例えば当帰など.いつも運動を強化、若者を登山など、エアロビクス運動、一週間に—さん回、毎回1時間で.しかし、月経には腹圧の運動を増加することはできません.

冬の食事のお勧め:トウキマトンスープ

修養と同時に、食事療法も剤養生できる、赖玉琴主任推薦一款女性冬宜服食品:当帰ラムしょうが湯(羊の肉500 g角切り、湯汆て、バブル;当帰10 gをきれいに洗って、ショウガを20 gは皮をむき、土鍋に適量の醸造酒、黒糖、水,とろ火煮に時間にすぐしかし食用.寒がり、寒性月経困難の人)を適用.

に対して、孕婦は冬にいちゃつくべきで、せっかちで、事に出会うべき先に自分で落ち着いて下りて、乱発しないでください.また、保温に注意して風邪を引かないように注意してください.風邪ウイルスウイルスに胎児を危害する.当然、保温に閉め切っと言っても、室内空気の流通、胎児の発育に役立つということです.

産後、以前の古い観念は妊産婦が吹き出すて、室内は窓を開けません.実は、これは間違っている観念です.産婦と同様に呼吸して新鮮な空気が必要で、さもなくば産後の回復に悪いです.産後、一部の産婦はうつうつ病が現れ、これは避けられないことだ.それはどうやって避けるべきか.頼主任によると、産後の守るべき精神愉快になったり、よく怒りに影響气滞血瘀憂いは、産後の回復.

更年期の婦人、体内ホルモンの関係によって怒りやすい.気持ちをリラックスさせて、怒りを一喝ないで、カルシウム剤とビタミン、適度に運動して、適度に運動することを緩和します.運動の時に時間が長すぎて、運動量が大きいことを選択することができません.更年期の女性の骨粗鬆より深刻、骨折しやすく、散歩したり、太極、踊って坝坝ダンスなど.家族と一緒に街をぶらぶらし、お茶を飲み、家に自分を悶ないでください.

Copyright© 2012-2013 髪染めの危険性について All Rights Reserved.