私の故郷の観光スポット――城壁

2016-03-14

4学年は国語の第1ユニット私の郷裏の観光スポット、城壁

私の郷裏は山西省の北部、大同、ここは北魏時代の首都、濃厚な古都の文化、今日私はみんなに紹介する城壁.

私は幼稚園の時、父、母は政府は古い城壁を修復していると言って、政府は古い城壁を修復すると言っています.」前数年に復元した大同東城壁は私の家から遠いので、ずっと見に行く機会がない.南の城壁の修復成功、私はついには大同の城壁の風格を見る機会があります.

は9月23日、大同市で国際自動車文化展を開催、私は父、母と一緒にモーターショーを見に行って、同時に城壁を見た.城壁の大きい建物だけでなく、堅固な険しい雄大で、しかも各種城の施設はそろって、自成型の防御システム.

p>と<最後完成の大同鎮誠が大体正方形5キロに達し、一辺の長さと1 . 75キロで、週囲の6 . 5キロメートル、面積2 . 63平方キロメートル、巨大な条石を敷いてを基礎にして、城壁の内芯を叩き土や木の築、アウトソーシング各じゅうななじゅうしち斤のレンガの重さ、城壁の高じゅうよんメートルの壁に、また長いれんがごメートル、高さ8メートル、厚さ0 . 5メートルのれんがの間隔の、0 . 5メートル、共に代表したという垛子580、大同当時所轄の村数.大同鎮城設ける4ドア:東と南陽門、永泰門、西清遠出、北武定門、すべてのドアは各見付、北魏時代のスタイルと完全に一緻して.

私はすべての城壁は全部修復した後、私はきっと更に見学して見学、実際に古城大同に潜む深い古都の文化を体験してみてください.

Copyright© 2012-2013 髪染めの危険性について All Rights Reserved.