髪染めは危険?

おしゃれのために老若男女と、誰でも抵抗なく髪を染める時代になってきています。増加の原因は、危険な化学物質が含有されていることを知らないまま、若者を中心に染毛剤を使用する機会が増えてきているためといわれ、挙句の果てに小児やペットまで染毛してしまうお母さんや女性が多くいます。しかし染毛剤は、非常に髪が傷むことが知られていますが、数多くの人は髪を染めます。

髪染めを使う時、どうしても髪の毛への発色はどうか、全体的にまんべんなく染まるかどうかというようなことばかりが気になってしまいますが、実は頭皮は多大なダメージを受けてしまっていることもあるのです。進行すると、突然重いアレルギー症状が起きてしまうこともあります。このアレルギー症状は、頭皮だけでなく、全身の蕁麻疹や呼吸困難などを伴う危険もあります。そして、以下の深刻な影響をもたらせるかもしれません。

アナフィラキシー・ショック
染毛料に含まれる科学物質に対してアレルギーを持っていたにも関わらず、ヘアダイをしたため死亡した方がいます。これは、スズメバチに刺されたことがある人が、再び刺されるとショック状態に陥り、酷い場合は痙攣.呼吸困難を起こして死亡するのと同じ状態です。

発ガン性
市販されている24種類のヘアダイに対してバクテリアを使って突然変異が起こるか実験したところ、18種類、79%のヘアダイが突然変異を起こしたというデータがあります。

Copyright© 2012-2013 髪染めの危険性について All Rights Reserved.